ラッピング&プロテクションフィルム
ボイジー

080-1226-1363【営業時間】10:00~19:00(月曜日定休)

ブログ
Blog

初めてのフルラッピングです☆ボイジーです☆

2020.11.13

茨城県土浦市でラッピングとプロテクションフィルムをサービスしているボイジーです。

こんにちは!ボイジー代表の古川です。
僕が初めてクルマのフルラッピングに挑戦したお話です。
当時3Mの中級トレーニングを受講したばかりで、実際にフィルムを貼ったのはボンネットだけという状態でした。
お付き合いのあったフィルム販売会社の営業さんから半額セールのお知らせを頂き、練習用にと思って3Mのマットレッドを購入しました。

早速買ったフィルムで練習をしていた時に、ふとラッピングデザインを思いついたんです。僕らが若い頃に憧れたあのタイヤブランド、そう◯DVANカラーです。この赤と黒をあわせたツートンにしたらかっこいいかも?
早速例の営業さんに連絡して、出たばかりの3M2080シリーズのグロスブラックを購入。2080はフィルム表面にキャップフィルムが付いているので、施工時のキズつき防止になるというのが選んだ理由です。

ちょうど年末年始で鈑金の仕事の方は休みになるので、その間にやってしまおうと取り掛かりましたが・・・そこからが泥沼でした(笑)
まずはリアゲートから取り掛かりました。スポイラー、エンブレム、ナンバーを外したので、ゲートは割とすんなり貼れましたが、スポイラーが難しい!貼った次の日には剥がれて来るので、分割方法を変えて何度か挑戦し、やっと完成。
出来上がりがこちら↓↓↓

次にルーフに取り掛かりましたが、フリードのルーフアンテナは左にオフセットされているのと、アンテナ自体が斜めに取り付けられているので、フィルムをくり抜くのに苦労しました。アンテナの型を取り、位置を測ってフィルムをくり抜きなんとかクリア。

 

と、ここまで貼ったところで正月休み終了・・・。しばらくは代車を借りて通勤しながらラッピングを続けることにしました。
実は当時の僕はフィルムの知識も乏しく、温度管理もできていませんでした。気温が10°以下でフィルムにテンションをかけると裂けてしまいます。そんな失敗からブースの中をストーブで暖め、ヒートガンを使ってフィルムを柔らかくして、と丁寧に作業したつもりでしたが、今度はフィルムが柔らかくなった分伸びやすくなっていることに気が付かず、せっかく貼った部分が翌日には剥がれているなんてこともありました。

正月明けからは朝9時から夕方5時までは鈑金屋さんの手伝い。それからブースを暖め深夜までラッピング作業という日々でした。
何しろ一人での作業なので、ルーフやボンネット、バンパーなどの大物を貼る時は苦労しました。片方のシワを取ろうと引っ張ると反対側にシワができたり、仮止めしたフィルムを引っ張ったら剥がれてしまったり・・・。二人で貼れば簡単に終わる作業に数時間もかかったり・・・。当時の僕には先生も同業者仲間もいなかったので、誰かに助けを求めることもできず、とにかく考え、時間がかかってもやりぬくしか方法がありませんでした。
それでも諦めずに続けられたのは、単純にラッピングが楽しかったからなんです。

次回は初めてのフルラッピングの続きです。はたしてフリードのフルラッピングは完成するのか?!たった一人の挑戦は続きます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

080-1226-1363

【営業時間】10:00~19:00(月曜日定休)

お問い合わせはこちら

お支払い方法

現金、銀行振込、クレジット

各種クレジットカード